COLORFUL than BEFORE

オシャレで快適なインドア・アウトドアを実現するためのWEB雑貨情報局

COLORFUL than BEFORE

キャンプ・アウトドア雑貨

今更ながらユニフレーム「ファイアグリル」をレビュー 【エントリーモデルに最適】

焚き火台やBBQグリルで迷ったらこれを買え! 今更ながら、ユニフレームのファイアグリルのレビューをしていきます。 スノーピークの「焚火台」と人気を二分するその使い勝手の良さがきっと分かるはずです!何年経っても変わらず、良いものは良い!

【レビュー】 NEMO「スイッチバック」で快適に眠ろう! 【サーマレストより良いかも…】

アウトドアで快適な睡眠を確保するためには工夫が必要です。 朝起きた時に腰がバキバキになっているのを避けるために、是非とも使ってほしいスリーピングマットがNEMOの「SWITCBACK(スイッチバック)」です。

【今が買い時】 SOTOのおすすめギア6選! 【もう手放せない!】

人気で入手困難という事態がたびたび起きるアウトドアブランド「SOTO」。 そのギアはリニューアルを重ねて至高の域にまで達しているものが数多くあります。 他のブランドでは味わえないような極上のアウトドア体験をあなたにも。

【最軽量サコッシュ】 「GRANITE GEAR(グラナイトギア)」のハイカーサチェル 【焚き火やBBQのお供に】

焚き火の時に使うマッチやライター、売店に行った時の財布、スマホ、車のカギなど、ちょっとした小物を持ち運ぶのに便利なバッグ・ポシェットなら「GRANITE GEAR(グラナイトギア)」の「ハイカーサッチェル」がオススメ!

【圧倒的コスパだが気になる点も…】 ミニマライト(リモコンじゃない方)で灯りを鬼足し!

コスパ最強のLEDライト「MINIMALIGHT(ミニマライト)」。 6種類のモードでフラッシュライト機能も付いているのに2800円で買えるという驚きのコスパ!その魅力に迫っていきます!

【これぞ原点にして頂点】 スノーピーク「チタンシングルマグ300」 【スタッキングも超優秀!】

キャンプの小物として、おそらく最も所有者が多いと思われるのがスノーピークの「マグ」。 シンプルながらも長年愛されるのその理由に、選び方の紹介やレビューをしながら迫ってみました!

エコな薄型太陽を持ち運べ! キャリーザサン ミディアム ウォームライト 【防災にもなる】

この世に存在するランタン・ライトの中で、最も薄く持ち運べるのが「キャリー・ザ・サン」のソーラーライトでしょう! アウトドアでの使用はもちろん、太陽光電池なので防災用品としても活用できます!

宮島醤油「ステーキスパイス」でBBQ 【「ほりにし」よりも美味しいかもしれない】

肉や魚や野菜炒めが、3秒で簡単にプロの味になるスパイス! 食材を普通に焼いて、宮島醤油の「ステーキスパイス」を振りかけるだけで、素材のうまみがグッと引き出されるので、家庭でもアウトドアでも重宝すること間違いなし! 食卓をちょっとグレードアップ…

【レッドレンザーML4(暖色)】 ゴールゼロ買えない人もこっちで十分!! 【レビュー】

「ゴールゼロが高くて買えない!!」 そんな方におススメするのが、あのゴールゼロと並び、いまやコンパクトLEDランタン(ライト)の2トップの片翼を担う「LEDLENSER(レッドレンザー) ML4」です。 プレミア価格となっている前者と比べると、かなり手に入り…

オレゴニアンキャンパー 「ポップアップトラッシュボックス19L(ミニサイズ)」 がソロキャンに最適!

キャンプのゴミって風で散らかりやすいし、一気に生活感出ちゃうし、獣や虫の温床になってしまいますよね・・・みなさんはどう管理していますか? かさ張らずに、フタも付いていて虫が寄りにくく、しかもオシャレなゴミ箱があれば良いのに、というそんなお悩…

バンドック「ソロティピー1TC」を雨のキャンプでタープ無しで使ってみた

初心者にオススメのテントとして話題のBUNDOK(バンドック)「ソロティピー1TC」ですが、TC素材がゆえに雨での使用について心配な方も多いことかと思います。 今回、ソロティピー1TCヘビーユーザーである私が、偶然雨天のキャンプで使用したのでその様子を簡…

プラティパス「ソフトボトル1.0L」で無駄レスなパッキングで水を運ぼう! 【レビュー】

「水」は生命の源。 当然、自然の中に身を置き、時として己との戦いにもなる登山やキャンプであっても、水は必要不可欠な物資の1つです。 そんな重要な「水」を持ち運ぶ時には、ペットボトルのままで持ち運んだり、水筒を使ったりすることが多いですが、使い…

キャンプで使える「木製まな板・カッティングボード」オススメ5選 【お手入れの方法もご紹介】

ご飯の主役である食品・食材を陰ながら支えるテーブルウエア・キッチンツールの中でも、食材を素の姿から私達の食べやすい姿へと変える舞台としてひと際重要なのが、「カッティングボード」、日本で言うところの「まな板」です。 特に木製のものは使いやすく…

オレゴニアンキャンパーの「キッチンペーパーホルダー」でワンランク上のキッチン周りを!

インテリアにこだわってオシャレな空間の構築を目指す時、どうしても避けて通れないのが日用品の醸し出す「生活感」をいかに中和するかという点。 キャンプでも、ティッシュやキッチンペーパー、ウェットティッシュなど、無くてはならないこれらのアイテムを…

生活感ゼロのオシャレな蚊取り線香ホルダー10選 【小物の細部にオシャレは宿る】

これから到来するアウトドアのハイシーズン!それと同時に飛来するのが鬱陶しい虫!虫!虫! 虫よけの代表格である「蚊取り線香」はもはや夏の必需品ですが、それを使う時に支えとなる「蚊取り線香ホルダー」「蚊取り線香入れ」にあなたは何を使っていますか…

CAMP GREEBの「大型反射板(風防)60cm」で快適な焚き火を!

真夏でも高地では寒さを感じることがあるキャンプの夜。 風よけでありながら暖をとったり、目隠しとしても使用したりできるCAMP GREEB(キャンプグリーブ)の「大型反射板(風防)」を使えば、焚き火がもっと快適になること間違いなし。

【たったの478gで実現する焚き火】 ベルモント「TABI」を徹底解剖 【レビュー】

世の中に焚き火台は数多くあれど、その中でも最軽量クラス、かつ耐久性もあり所有欲も満たしてくれるベルモント「TABI」。 ソロ向けの焚き火台やパッキングしやすい焚き火台を探している方は是非!

【レビュー】 ユニフレームの「フィールドラック」が良い意味で思ってたのと違う

あまりにも有名で神ギアと称される、キャンパーならほとんど誰もが知っているユニフレームの「フィールドラック」。 脚部をたたんで薄くしてコンパクトに持ち運ぶことが可能なのに、耐荷重がしっかりあるため、荷物をいっぱいに詰め込んだトランクや、ウォー…

Fozzils(フォッジルズ)の折りたたみ食器で軽量アウトドアを! 【ボウルズ・まな板・ソロパックなど】

登山やキャンプの荷造りをしている時、食器がかさ張ってパッキングしにくいと感じたことはありませんか? クッカーで調理した場合、そのまま食べてしまうなんて方も多いと思いますが、複数人であれば、分けて食べるためにどうしてもお皿が必要となる、なんて…

ミニマルワークスの「クローズハンガー」が意外と便利 【汎用性の高い折りたたみ式ハンガー】

洋服ハンガーは、絶対にキャンプに必要な持ち物です! 韓国のキャンプブランド「ミニマルワークス」というと、色々と吊り下げられるあのハンガーで有名ですが、こちらはハンガーはハンガーでも、折り畳み式のクローズ(洋服)ハンガーです。 コンパクトに収…

木の素材を味わえる木製ギア専門ガレージブランド「196」 【テーブルや小物がオススメ!】

高知県発のガレージブランド「196」。 県産のヒノキを中心とした木製ギアを展開しており、木の温かみのあるデザインと使い勝手の良さが特徴です。 憶えやすそうで忘れやすい、不思議なブランド名ですが、その土台となっているブランドコンセプトにも共感でき…

オニヤンマ君で夏の虫とオサラバ 【アブやスズメバチに効果アリ!】

夏になると外での活動をする時に厄介なのが「虫」ですよね。 特にアブやハチは刺されたり嚙まれたりする心配があるので、一段と注意を払う必要があり、煩わしいと感じてしまいます。 殺虫剤を使用しても良いですが、どうしても虫が出現した後の事後対策とな…

【キャンプで使えるサーモプロの温度計レビュー】 昨日の夜は最低何℃だった?

そうだ、来週キャンプに行こう! そう思い立ったら、アナタはまず間違いなく天気予報と最高気温を確認するでしょう。 では実際にキャンプ場で時間を過ごす中で、夏だったら日中は一体何℃まで気温が上昇したのだろうか?、冬だったら夜は一体何℃まで冷え込ん…

【まるで手袋屋さん!?】 ワークマンで買えるアウトドアにオススメなグローブ・手袋8選

壁にびっしりと陳列された手袋の数々。 アパレルじゃありません、ここはワークマン。 多くの人はワークマンというと、作業用のアイテムを取り揃えているイメージを持っているかと思いますが、実はそんなこともなく、アパレルブランド並みの品ぞろえを誇る商…

キャンプ用の「薪割り台」もっと早くゲットしとけば良かった 【樹種・サイズ感・樹皮の有無など選び方】

ソロキャン系のYoutuberの方々がここ数年でかなり登場してきましたが、みなさんこぞって薪割り台で薪を割っているのを見て、私も欲しくなって買ってしまいました。 そして思いました。これ便利ですわ。 薪割り台の選び方も併せてお伝えします。

クイックキャンプの「ウッドローチェア」が見た目・使い勝手ともにキャンプチェアの完成形だった

キャンプにおいて肌に触れている時間が最も長いギアが「チェア」。 テントの設営が終わり、食材を用意していざ焚き火を始め、350ml缶のビールをプシュッと開ける時、ホッと一瞬でチルモードに誘ってくれるようなチェアを誰もが求めていることと思います。 さ…

「ポータブル電源」を備えた「カローラクロス」を入手 【オートキャンプの新たな相棒】

トヨタから発売された「カローラクロス」。 オプション装備であるアクセサリーコンセントを付加すると、ただの自動車ではなく、ポータブル電源としても使用できる自動車になっちゃいます。 アウトドアを嗜む人からするとむしろ、荷物を載せることができ、乗…

今更ながらスノーピーク「たねほおずき」をレビュー 【機能性は高いがマイナス点も…】

発売からだいぶ経ち、その見た目の可愛さから現在でも人気商品の「たねほおずき」。 LEDライト・ランタンとしてキャンプでは必ず持っていくギアの1つですが、それなりに使いにくい部分もあり、そろそろその辺りのリニューアルもされるかな、と思いつつ避けて…

キャンプで使えるスコップ・シャベルの選び方とオススメ5選! 【「MULTICRAFT」のスコップもレビュー】

キャンプにスコップなんて要る?そう思った人こそ読んでみて下さい! 雨天でのテント周りの水路作りや、冬季で雪に見舞われてしまった時の雪除去、さらにはブッシュクラフトスタイルでの焚き火などで使えるのが「アウトドア用スコップ」です。 オススメ10選…

2021年にカインズで買って良かったキャンプ道具5つ 【ホームセンター舐めたらアカン】

キャンプ業界には、コールマンのような大手のブランドから、ガレージブランドと言われるようなマイナーで玄人好みのものまで様々な売り手が存在します。 アウトドアに限らずある業界について詳しくなってくると、その業界のものを購入際にはブランド偏向的な…