PLUS ONE HABIT

雑貨×キャンプ×リハビリをメインに、あなたの日常や習慣をアップデートするための発見の場

習慣化の習慣 ~リハビリテーションにおける習慣化の意義~

   f:id:tktoshi:20210412224727j:plain

 

高校受験の前期面接の時間潰しとして、書店に平積みされていた本を手に取った。

 

『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎(新潮社)

そこからしばらく彼の作品を読み漁っていた時期がありました。

 

その中で、ある本の一説にこんなフレーズがあります。

人間の最大の武器は信頼と習慣だ

 

 

 

 

これは本当に芯を食った一言だと僕は思います。

新しいことを始めると、しばらくは毎日の課題+αの期間がありますが、

習慣化させてそれが当たり前になってしまえば、その+αを含めた時点が、その人にとっての”当たり前”のベースラインとなってきます。

極論、この世のすべてを習慣化させてしまっている人は最強ということです。

 

 

本題ですが、我々リハビリテーション職は、見方を変えれば「習慣を組み立てる」仕事でもあります。

それは一番は患者さん、病棟、家族、そして自分などさまざまなものを対象として。

そして習慣化を促すために必要不可欠なのが、『信頼』です。

 

 

まずは患者さんに関してですが、

入院や外来受診というのは、患者にとって大きなライフイベントであり、人生の1つのターニングポイントです。私達も病院に行くとなると少なからず緊張した時代があったのではないでしょうか。

がん、脳卒中、心疾患など、現在日本において死因上位を占めている疾患はどれも生活習慣の乱れが大きなファクターとなって引き起こされています。

整形外科の外来リハビリテーションであっても、悪い動作や姿勢の習慣が痛みを引き起こしている場面が多くみられます。

いかにそれらの症状を緩和させ、ADLを獲得できるようにプランを立て、自宅に帰れるようにするかを模索していくのはもちろん大事ですし、それが大前提ではありますが、日常の臨床がそこにばかりフォーカスされてしまうと、せっかくのターニングポイントであるのに、退院や外来終了などでセラピストの手を離れた瞬間に、元の悪い習慣に逆戻りしてしまう可能性の芽が残されたままとなってしまいます。

セラピストの目が行き届く内に、悪い習慣があるのであれば、それを是正するようにアシストし、『RE-NEW HABILITATION』つまり患者にとっての習慣のアップデートを促していくことがとても大切ではないかと感じます。 

エビデンスはありませんが、心リハのアドヒアランスが予後と大きく関わっているように、この習慣化の概念を持つことで、患者ひいては社会の予後を少しでも良くすることができるのはないかと考えます。

 

 

また病棟におけるリハスタッフの在り方についても習慣化の概念があると実は僕たちは楽ができます。

病棟での離床時間や活動量を、いかにPT・OT以外の時間で確保するかというのは永遠の課題かと思いますが、
患者自身がマインドを変えるのはもちろん重要ですが、病棟の看護師・介護士などにしっかり現在の歩行能力や運動耐容能等を伝達し、病棟スタッフが闇雲ではなくきちんと理解した上で、病棟主体で離床時間を確保してもらう『チームとしての習慣』を作り上げることも習慣化の一つだと考えます。

これも極論、病棟サイドでの離床を習慣化させてしまえば、訓練の時間で歩行練習をする必要はないのです。

(脳卒中などで装具を使用しないと歩けないあるいは負の学習などの可能性がある場合や特殊な介助が必要な場合はその限りではありませんが。)

 

 

入院したこと、あるいは外来であっても、セラピストと患者とが一回でも接することが患者にとって正のターニングポイントとなり、習慣化のきっかけになれれば、それは人生において少なからず意味のあるイベントになります。

人間の武器を最大限に生かせる仕事であることに誇りをもって、毎日取り組んでいきたいですね。

 

習慣化に関する文献や書籍などは機会があればまた後日ブログにて発信させて頂きます。