PLUS ONE HABIT

雑貨×キャンプ×リハビリをメインに、あなたの日常や習慣をアップデートするための発見の場

SOTO「フィールドホッパー」レビュー 【最高にカッコいいマットな黒が登場!アルミロールテーブルとの比較もあり】

f:id:tktoshi:20210901165655j:plain

キャンプにおいて、その大小を問わずテーブルはいくつあっても便利なアイテムです。

メインとなるテーブルは、最近人気のウッドロールテーブルや、折り畳み式のテーブルが主流です。

今回ご紹介するSOTOの「フィールドホッパー」は、A4サイズで小さめのミニテーブルですが、ソロでの使用はもちろんのこと、みんなで焚火を囲む時のサイドテーブルにもなります。

そして何より、一瞬で簡単に設営が可能なので、今ここにテーブルがあればいいのに!というその瞬間に準備することができます。

 

 

 

SOTO 「フィールドホッパー」レビュー

開封

今回私が購入したのは、SOTOの「Field Hopper(フィールドホッパー)」という名のミニテーブルです。

色はマットブラック(ST-630MBK)です。

f:id:tktoshi:20210901165842j:plain

 

テーブル本体は、ナイロンの収納ケースに入った状態で梱包されています。

f:id:tktoshi:20210901165912j:plain

 

マットなブラックのカラーがとてもカッコいいです!

個人的には、天板のポツンとしたシルバーの金具もポイントになっていてオシャレだと思いました。

f:id:tktoshi:20210901170055j:plain

 

目立たないようにSOTOブランドの刻印も施されています。

f:id:tktoshi:20210901170112j:plain

 

開閉方法

2つ折りの状態で収納するようになっていますので、これを展開していきます。

操作はいたって簡単。慣れると片手で開閉できます。

f:id:tktoshi:20210901170140j:plain

 

少し開き始めると、中の脚部分が勝手にガシャッと飛び出してきます。

f:id:tktoshi:20210901170158j:plain

 

甲虫のお腹みたいな構造をしていますが、天板部分が平らになるまで180度しっかり開けば、それでもう完成です。

驚くほど呆気なく設営することができます。

f:id:tktoshi:20210901170306j:plain

 

詳細なギミックは不明ですが、感触的にはおそらく脚の接続部となる部分にスプリングが仕込まれており、その反動によって半自動的に脚部分が展開される仕組みになっているのだと思われます。

f:id:tktoshi:20210901170443j:plain

 

 

逆に収納する際には、本をしまう時のように、半分に折りたたむだけ。

半分に折りたたむと、三角形の脚の部分がピョコっと飛び出た見た目になりますが、これで正解です。

f:id:tktoshi:20210901175410j:plain

 

その飛び出た脚部分を、天板を折りたたんでできた長方形の上下の辺にずらします。

f:id:tktoshi:20210901175458j:plain

 

そして、最後に天板方向に押し込むだけで簡単にしまうことができます。

f:id:tktoshi:20210901175618j:plain

 

使用感

ガタつくこともなくとても安定しています。

シルバーもブラックも、マットな質感のため自然の中で変に目立ちすぎることもなく、ナチュラルモダンな見た目をしています。

f:id:tktoshi:20210901171035j:plain

 

脚の高さは約8cm程度であり、最初は少し高さが低いかなと感じたりもしましたが、ロースタイルのキャンパーの方なら全く問題ないと思います。

ローチェアでビールを飲んでいる時、焚火をみんなで囲んでいる時、ちょっと物を置きたい時などに、直接地面に置くのはちょっと気が引ける…なんて場合にはこういうミニローテーブルがあると重宝します。

また、400g未満で軽量であり、畳んだ時も場所をとらない薄さのため、登山などでパッキングや軽量化に専念したい方にはもってこいだと思われます。

使用目的がはっきりしていれば尚良いですし、かさ張らないので、もしもの事態に備えて予備用のテーブルとして荷物に忍ばせておいても、きっと重宝すると思います。

f:id:tktoshi:20210902201007j:plain

 

天板の長辺の縁には、転落防止加工が施されており、ここに引っ掛かることで、テーブルの上からモノが落ちにくい工夫がなされています。

この構造は他のテーブルには珍しく、これが地味にありがたい機能です。

f:id:tktoshi:20210901174351j:plain

 

 

スペック

  • サイズ:(展開時)タテ210×ヨコ297×高さ78mm、(収納時)タテ110×ヨコ297×高さ19mm
  • 重量:395g
  • 耐荷重:3kg
  • 材質:(天板)アルミニウム、(スタンド)ステンレス、(収納ケース)ナイロン

 

 

サイズ比較

A4サイズの用紙と比較

天板部分はA4サイズの用紙とほぼ同じ大きさです。

ソロにはとても最適なサイズ感であり、グループキャンプでもちょっとした時に役に立つ脇役的存在として絶妙な存在感を発揮するでしょう。

f:id:tktoshi:20210901174622j:plain

f:id:tktoshi:20210901174635j:plain


500mlペットボトルと比較

500mlのペットボトルが倒した状態で4本ギリギリ載るサイズです。

f:id:tktoshi:20210901175650j:plain

 

ペットボトルを立てた状態だと6本は載せることができます。

f:id:tktoshi:20210901175708j:plain

 

キャプテンスタッグの名作「アルミロールテーブル(コンパクト:M-3713)」と比較

どちらも収納ケースが付属しています。

キャプテンスタッグのアルミロールテーブルは、袋に余裕があるため、本体を折りたたんだ後にゴムなどで巻いてまとめておかないと、袋の中で勝手に広がってしまい少し煩わしく感じます。

f:id:tktoshi:20210903192816j:plain

 

天板のサイズがそもそもかなり違うので、収納時のコンパクトさについてはSOTOのフィールドホッパーの方が小さくなります。

f:id:tktoshi:20210903192835j:plain

 

厚みに関してもかなりの差がみられます。

f:id:tktoshi:20210903192457j:plain

 

天板の面積としては、SOTOのフィールドホッパーが62370平方mm(210mm×297mm)、キャプテンスタッグのアルミロールテーブルが116000平方mm(400mm×290mm)とかなりの差があります。

アルミロールテーブルよりも、ひとまわり小さいサイズなのが分かります。

f:id:tktoshi:20210903192859j:plain

 

高さは、アルミロールテーブルが12cmなので、それよりも低くなってしまいます。

安定性に関してはどちらも変わらずとても安定しています。

f:id:tktoshi:20210903192911j:plain

 

コンパクトさを追求するならフィールドホッパー、メインテーブルにしたり、テーブルの上に荷物を沢山載せる予定なのであれば、アルミロールテーブルを選択すると良いかもしれません。

見た目は、個人的にはフィールドホッパーの方がカッコよく感じます。

 

OD缶との比較

250缶が余裕をもって4つ積載できるサイズ感です。

f:id:tktoshi:20210903193756j:plain

 

バーナーやシェラカップなども一緒に乗せることができるので、一食分の調理であれば、この上でまかなうことができます。

f:id:tktoshi:20210903193804j:plain

 

 

購入する時の注意点

サイズ感は要注意

私が購入した時の感想としては、想像以上に天板の面積が狭く、高さが低いと感じました。

慣れてしまえば今や、その設営・片付けの簡単さと、咄嗟の場面で使える便利さにヘビロテするアイテムになっていますが、使いづらいと感じる方もいるかもしれません。

今回の記事や他のブログをよく吟味して頂き、できれば実物をご覧になってから購入されるのが良いでしょう。

 

指紋が残りやすい

製品的にはほとんど欠点が無いくらい良い商品です。

スプリングの耐久性に関しても、たとえ弱くなってもテーブルや折り畳みとしては全く問題ありませんし、安定性もかなりあります。

しかし、シルバーorブラックの色選択の際に注意する点があります。

それは、マットブラックはその性質上、指紋がかなり残りやすいという点です。

とはいってもアウトドア製品なので、傷が付いてきたりすると気にならなくなってくるとは思われますし、明るい場所でなく日暮れなど暗い場面ではそこまで目立つことはないかと思います。

神経質な方や指紋が気になる方はシルバーを選択した方が良いでしょう。