PLUS ONE HABIT

雑貨×キャンプギアをメインに、たまにリハビリの話もする、取るに足らない日常の「雑」を紹介するブログ

ベースキャンプスリープシステム 【Snugpak(スナグパック)のコスパ最強シュラフが有能すぎて快眠一択】

f:id:tktoshi:20210923185528j:plain

キャンプで必要不可欠なアイテムの1つ「シュラフ(寝袋)」。

数多くのシュラフが世にある中で、どれを選べばいいか分からないという方向けに、コスパ最強のものを1つご紹介します。

「Snugpak(スナグパック)」というアウトドアブランドの「ベースキャンプスリープシステム」です。

どこがコスパ最強なのか?

是非この記事を読んで吟味してみて下さい。

 

 

 

Snugpak(スナグパック)のコスパ最強シュラフが有能すぎて快眠一択

スペック

snugpakの「ベースキャンプスリープシステム」の最大の特徴は、最初から2枚組であるということ。

それぞれ独立して使用することもできる、デザートタンカラーという砂っ気のあるベージュ色をしたアウターレイヤーと、オリーブ色のインナーレイヤーが2枚重なった状態で最初から使用可能です。

1枚で使用するか、2枚で使用するかによっても対応する外気温度域が広く、工夫次第で色々な場面で活躍してくれる一石二鳥、いや三鳥、四鳥にもなるシュラフです。

肝心の保温性能に関しても、想像以上にかなりあったかいです。

 

  • 快適外気温度:(外側)3℃、(内側)-2℃、(重ねた状態)-12℃
  • カラー:アウターがデザートタン、インナーレイヤーがオリーブ
  • 収納サイズ:直径30cm×長さ50cm
  • 展開サイズ:(外側)タテ220cm×胸囲80cm、(内側)タテ180cm×胸囲77cm
  • 総重量3.1kg
  • 材質:(アウター)ポリエステル「Aualight」、(インナー)ポリエステル「Supersoft」、(中綿)シリコン加工ポリエステル中空繊維
  • 丸洗いの洗濯が可能

 

カラーはミリタリー感がありますが、キャンパーのどんなスタイルにも合うような配色であり、登山用シュラフなどで特有のビビッドな生活感はありません。

サイズも、バスケ選手並みの長身や、関取並みの恰幅の良い人でなければ、成人男性も余裕で入ることができます。

 

レビュー:実物を見ていきましょう

付属の収納袋にパンパンどころではないくらいにギッシリと詰め込まれています。

袋の口にはフタとなるようにカバーも縫製されています。

f:id:tktoshi:20210923185548j:plain

 

全長220cmとの記載があったので、どんだけデカいんだと身構えていましたが、取り出して広げてみると、思ったよりも大きすぎるとは感じませんでした。

f:id:tktoshi:20210923190445j:plain

 

細かい部分にもしっかり配慮がなされています。

f:id:tktoshi:20210923190504j:plain

 

マミー型ではなく、封筒型のシュラフのため、フルオープンで使用することができ、マミー型のデメリットである窮屈さを感じることはありません。

f:id:tktoshi:20210923190514j:plain

 

ジッパーは、インナーレイヤーとの接続部分も含めてどれもダブルジップ式になっています。

f:id:tktoshi:20210923190540j:plain

 

ダブルジップ式であることはかなり良いポイントです。

サイドはジッパーを留め、足元の部分だけ開いて使用することもできるので、湿気がこもりにくく、足元にも余裕を出すことができます。

f:id:tktoshi:20210923190532j:plain

 

アウターとインナーレイヤーの接続もジッパーで固定できるため、寝ている間にインナーレイヤーがずれてしまうこともありません。

f:id:tktoshi:20210923190607j:plain

 

細かいところで言えばインナーにも「snugpak」の刻印が。

f:id:tktoshi:20210923190620j:plain

 

足元のジッパー折り返し部分を拡大すると、かなりごちゃごちゃしていますが、それぞれのジッパーが重なり合わないように工夫して作られているのが分かります。

これを全て閉めると、戦車のキャタピラのように2層構造のシュラフになるという仕組みです。

f:id:tktoshi:20210923190640j:plain

 

もちろんインナーレイヤーを取り外して、アウターだけで使用することもできます。

この場合だと、公式発表では外気温3℃まで対応しているとのことです。

f:id:tktoshi:20210923190656j:plain

 

一方、インナーレイヤーだけで使用することもできます。

こちらは公式では外気温が-2℃まで使用可能とのことです。

f:id:tktoshi:20210923190711j:plain

 

 

コスパ最強のゆえん:ベースキャンプスリープシステムのここがスゴイ!

2枚組(2層構造)がゆえの暖かさ

最初から2枚組でセットになっており、それぞれ独立して使用することもできます。

1枚で使ったり2枚で使ったりと、状況に合わせて調整することで、公式発表では快適温度で-12℃~3℃までの外気温に対応できるので、これ1つあればほぼオールシーズンのアウトドアで対応できます。

中綿にダウンなどを使用している他のシュラフももちろん暖かいですが、こちらは構造的に2層構造になるので、暖かい空気が層間で維持されます。

それにより、中綿が化学繊維であるにも関わらず、ダウンのシュラフに近い暖かさで、まるで布団の中でで寝ているかのような安心感を感じることができます。

 

夏~冬まで広い温度域での使用が可能 (※とはいえやはり冬は寒いので、それぞれ独立での使用は注意)

両方を重ねて使用した場合、公式では-12℃まで対応できるとのことです。

私はこれまでで最も寒くて-3℃までであればこのシュラフで全く問題ありませんでした。

寒さの感じ方は女性の方がより寒く感じやすいと言われており、「NANGA」などの超一流シュラフはその辺りも考慮した対応外気温設定のクラス分けがあります。

このベースキャンプスリープシステムでは、おそらく誰もが気温1桁台は問題なく使用でき、寒さにある程度の耐性はある方はマイナスの外気温でも快適に使用可能かと思われます。

さらに、首元のドローコードを締めて外気をシャットダウンしたり、中に着こんだり、ホッカイロで装備するなど工夫すれば、さらに低い気温でも大丈夫かもしれません。

しかしこの点に関しては、命に関わるので必ず事前に自己責任で確認しておいて下さい。

いずれにせよ、よほどの極寒の真冬以外であれば、かなり広い温度域での使用が可能なため、いろいろなシチュエーション快適に過ごすことができると思います。

 

しかし、いくら暖かいとはいえ、それぞれ個々で独立して使用する場合は、思ったよりも寒いので要注意です。

f:id:tktoshi:20210923190656j:plain

まずアウターレイヤーですが、公式発表ではこれだけで外気温3℃まで対応しているとのことです。

ですが、こちらは思ったよりも薄く、さすがに3℃での使用は寒いです。

私はこのアウター1枚で使用する場合は、夏キャンプであることが多いです。

標高の高い山間では夏でも夜は肌寒いことが多いので、そういった場合に使用します。

 

f:id:tktoshi:20210923190711j:plain

そしてインナーレイヤーです。

こちらは公式では外気温が-2℃まで使用可能とのことですが、やはりこれだけでマイナスの世界を乗り越えることはまず無理でしょう。

インナーレイヤーの方が厚みがあるので、気温10℃台での使用はできましたが、5~9℃の1桁後半の気温になると寒かったです。

 

2枚組なので使い勝手イロイロ

2つに分離できるため、これ1つ持っていけば2人分のシュラフが用意できます。

暖かい日などは、荷物の削減にもなるかもしれません。

 

オリーブカラーのインナーレイヤーは「ブランケット」としても使える

オリーブカラーの方は、ちょっと肌寒い場合のブランケット代わりにもなります。

表面の生地がポリエステルなので、焚き火などの直火の側では穴が空くリスクがありますが、焚火をしないキャンプの朝のチルタイムなどでは活躍してくれます。

f:id:tktoshi:20210923190727j:plain

 

細かい部分に気が配られている

フルオープンできるので、閉塞感も全くなく、湿気がこもる心配もありません。

また、封筒型でダブルジップのため足部の部分が開閉できたり、首元をドローコードで締めることができたりするなど、細かい部分にも配慮されていて使いやすいです。

 

価格の安さ

なんと言ってもこの性能の高さで、税込み15000円前後で買えるという安さが魅力です。

NANGAやモンベルシュラフは最低でも3万円程度はするので、破格の安さです。

シュラフ界全体におけるエントリーモデルとしても良いかもしれません。

 

 

デメリット

折りたたみと収納のしにくさが最大のデメリット

2枚とも重ねた状態でしまってみましたが、デカくなりすぎて元々入っていた収納袋には到底入りそうにありません。

f:id:tktoshi:20210923190906j:plain

f:id:tktoshi:20210923190924j:plain

 

少しズラして丸めてみましたがそれでも入りそうにありません。

f:id:tktoshi:20210923190943j:plain

f:id:tktoshi:20210923190956j:plain

 

思考錯誤した挙句、結局、足元の方から収納袋に突っ込んでいく方法で入れてみるとなんとか入れることができました。

畳んで収納するとしたら、膝などで固定しながらグルグル丸めていくと多少入れやすくなりますが、キャンプ場でそこまでできる時間と環境があるかは分かりません。

中身がダウンのシュラフはむしろ適当にグシャグシャ収納した方が長持ちすると言われていますが、このベースキャンプスリープシステムは、中身がシリコン加工ポリエステル中空繊維という化学繊維を使用しているため、本当はきれいに折り畳んで収納した方が良いのです。

そのための工夫としては、家に持ち帰って綺麗に収納するか、アウター部分とインナーレイヤーを分けて収納するなどの工夫をした方が良いかもしれません。

中の繊維が潰れないようにするために、シュラフはゆったりした袋に入れるのが良いと言われているので、大きめの袋を別で購入してしまうのも良いかもしれません。

f:id:tktoshi:20210923191003j:plain

 

収納時のサイズが大き目

収納時のサイズが30cm×50cmあり、重量も3kgあるので、バイク移動や登山での使用には向いていません。

オートキャンプや荷物を運ぶ手段がある場合には問題なく持ち運べるでしょう。


ジッパーの耐久性がちょっと心配

ジッパーが集中する足元のコーナー部分が固く、中の生地を挟み込みやすいのでコーナー部分のジッパーを閉めるのに少し力がいります。

f:id:tktoshi:20210923190830j:plain

 

また、おそらくこのシュラフで構造的に最も負荷がかかる部分がこのジッパーが集中するコーナー部分です。

5泊ほどキャンプで使用している今のところ問題はありませんが、このジッパーはYKKなどの有名ブランドのものではないため、長く使っている間に壊れないか、耐久性の面でやや心配が残ります。

f:id:tktoshi:20210923190839j:plain