COLORFUL than BEFORE

オシャレで快適なインドア・アウトドアを実現するためのWEB雑貨情報局

COLORFUL than BEFORE

スノーピークの「ウイングポール」がなかなか頑丈 【120~280cmの高さまで12パターンの組み合わせ】

f:id:tktoshi:20220111125311j:plainキャンプのギアの中で、とりわけ縁の下の力持ちとして重視しなければならないのがテントなどの設営で使用する「ポール」です。

そのポールには種類が沢山ありますが、中でも有名なのがスノーピークの「ウイングポール」です。

史上最強のポールと謳われるその実力についてレビューしていきます。

 

 

【史上最強】 スノーピークの「ウイングポール」がなかなか頑丈

 

スペック

f:id:tktoshi:20220111130001j:plain

  • 長さ:60cmパーツ、70cmパーツ、20cmパーツ(廃版)
  • 直径:30mm
  • 重量:60cmパーツ約270g、70cmパーツ約300g
  • 材質:アルミニウム合金(アルマイト加工)
  • アルミの厚さ:1.5mm

強風やタープ自体のテンションに対抗するだけの耐久性が求められるタープポールでは、一般的にはメインポールの直径が28mm以上は必要とされており、それ以下だとポールが折れてしまう可能性もあって危険です。

f:id:tktoshi:20220111142241j:plain



最大の特徴その① 折れにくく(耐久性が高く)かつ細部にもこだわった作り

地面と接するボトムにはゴム製のグリップが付いています。

地面の湿気などにも強く、しっかりと地面に固定してくれます。

ゴム部分は別売りもされているため、傷んだ場合には交換も可能です。

f:id:tktoshi:20220111130008j:plain

 

トップパーツの先端には抜け防止のローレット加工が施されています。

f:id:tktoshi:20220111130025j:plain

 

ジョイント部分はプッシュボタン方式となっており、しっかり固定できます。

内部にショックコードはありません。

2本のポールの接続かみ合わせ部の長さが6cmあるので、タープのテンションが強くなりすぎたり、強風に煽られたりしても接続部分が折れる心配がありません。

f:id:tktoshi:20220111131846j:plain

 

内部のスプリングもかなり頑丈なものなので、これまで何十回と使用しましたがボタンの戻りが悪くなることは全くありません。

f:id:tktoshi:20220111130018j:plain

 

最大の特徴その② 120~280cmの高さまで12パターンの組み合わせ

ウイングポールのパーツの長さには「60cm」と「70cm」の2種類があり、それらを組み合わせて長いポールを形成します。

そのため、60cmと70cmのパーツの組み合わせによって「120・130・140・180・190・200・210・240・250・260・270・280cm」の12パターンのポール長を実現することができます。

f:id:tktoshi:20220111141533j:plain

 

と、書いてあるととても魅力的に感じますが、タープにしろテントで跳ね上げに使用するにしろ、ポールを1本だけで使用することはまず無いので、2本がちょうど良い長さになるように組み合わせを考える必要があります。

そうなると、購入するセットや組み合わせを考える必要があります。

私の場合はソロで使用することが多いので、210cmセット(70cm×3本)と240cmセット(60cm×4本)をそれぞれ1つずつ購入し、190cmのポール(60cm×2本と70cm×1本の組み合わせ)を2本組み立て、タープやテントで使用しています。

使用するテントやタープの高さを検討し、組み合わせ方をよーく考えてから購入することをオススメします。

f:id:tktoshi:20220111125328j:plain

 

最大の特徴その③ 豊富なカラーリング

カラーリングには、今回ご紹介しているシルバーの他に、「レッド」と「ブラック」があります。

 

またウイングポールの外周に竹材を使用した「ウッドポール」もあるので、キャンプサイトに求める雰囲気によって好みのポールを選択することができます。

 

セットでも個別でも購入可能

「60cm」と「70cm」の長さのパーツがあり、さらにタープを引っかける先端が付いた「トップ(上段)」、「接続部分だけのミドル(中断)」「地面と接するボトム(下段)」の3種類の形状をしたパーツがあります。

この6つのパーツを組み合わてあるセットで購入することもできますし、それぞれ単品で購入することもできます。

セットの場合は「140cm(70cm×2)」「210cm(70cm×3)」「240cm(60cm×4)」「280cm(70cm×4)」「ウッドのみ120cm(60cm×2)」の長さがあり、購入してすぐに使用することができます。

 

 

マイナスポイント

150cmと160cmの設定が不可能

以前は「ポールピット」という20cm長のオプションポールが別売りで販売されていたのですが、現在廃版となってしまっています。

20cmの延長ができると、組み合わせで150・160・220・230cmの長さに設定することもできるので、張れるタープの種類や高さが広がります。

特にソロキャンプなどでソロ用のテントやタープで使用する時には150cm程度のサイズ感は重要です。

現状150cmと160cmの設定が不可能ですが、ポールピットが再販されれば、このウイングポールはさらに史上最強のタープポールへと変貌すると思います。

再販を願って待ちましょう。

 

タープを張った後での長さ調節がしにくい

他のブランドのタープポールではプッシュボタン方式で長さを微調整できる機能が備わったものがあります。

耐久性が落ちるので、このウイングタープでは採用されていないのだろうと思いますが、微調整できるとタープを張った後で地面の凹凸や雨滴の落ち方などに合わせてポールの長さを変えることができるので便利です。

タープを張る前に、長さの検討を十分に行い、このウイングポールを立てるようにしましょう。

 

値段が高い

最も安いシルバータイプのウイングポールでも値段が5000円以上します。

パーツ単品でも1000円以上するので、お財布には優しくない値段設定です。

その分耐久性などの機能はとても高いので、安心を買うつもりで財布のヒモを緩めても良いかもしれません。

 

 

スノーピーク「ポールキャリングケース」もオススメ

スノーピークの「ポールキャリングケース」は煩雑なポール運びが超ラクになる便利ギアだった!! - COLORFUL than BEFORE