COLORFUL than BEFORE

オシャレで快適なインドア・アウトドアを実現するためのWEB雑貨情報局

COLORFUL than BEFORE

キャンプの掃除を快適にするおしゃれ道具7選 【これで片付けマスター】

f:id:tktoshi:20220114232508j:plain

楽しかったキャンプやBBQには掃除が欠かさず付いて回ります。

そんな煩わしいキャンプの片付けをもっと快適にするための道具を今回はご紹介していきます。

しかも今回は特にオシャレな道具のみに焦点を絞ってご紹介しますので、掃除や片付けで生活感を出したくない方には是非読んで頂きたいです!

 

 

キャンプの掃除を快適にするおしゃれグッズ7選 【これで片付けマスター】

Pasteuriser77(パストリーゼ) / ドーバー酒造株式会社

f:id:tktoshi:20220114204915j:plain

(出典:https://www.dover.co.jp/special/pasteuriser

 

77はアルコール度数が77℃からきています。

主な成分はサトウキビ由来の醸造用アルコール、長時間最近増殖を抑えることができる高純度カテキン、酒造会社ならではの純水ですので、口に入れても安心なアルコール除菌スプレーです。

その性質から南極観測隊指定製品となっていたり、ボトルのデザイン・名称で2019年のグッドデザイン賞を受賞していたりするなど、名実ともに認められた製品です。

厚労省認可の食品添加物でもあるので、調味料の代わりにシュッと吹きかけることもできますが、そんな使い方はしないと思うので、食材を盛り付ける前の食器やテーブルの除菌洗浄などにも用いると良いでしょう。

キャンプでは、自然由来の除菌力で、テーブル周りの油汚れ、水場が無いキャンプ場での食器やカトラリーの汚れ、泥にまみれたお気に入りのギア、クーラーボックス内部の汚れなどをキレイに安全に拭き取り掃除をすることができます。

 

 

チェーンメイルクリーナー / BAREBONES(ベアボーンズ)

f:id:tktoshi:20220114203021j:plain

(出典:http://barebonesliving.jp/

 

1cm弱の細かいリングが無数に連結された構造をしており、スキレットの焦げ付き汚れやクッカーの煤落としなどで使用することができます。

16.5×14cmのサイズで110gという小型軽量設計のため、持ち運びもしやすく便利です。

ステンレス素材なので使い終わった後は熱して乾燥もできるので衛生的です。

 

 

デニムの切れ端 / あなたのオリジナル

f:id:tktoshi:20220114205233j:plain

 

ギアにこびり付いた土汚れや泥は、いわゆる「ウエス」などのボロ布を使用して拭き取るか、ウェットティッシュなどで洗浄することが多いと思いますが、もっと役に立つオシャレなお掃除グッズを、お金を払わずに手に入れることができます。

それがデニムの裾上げなどで爆誕したゴミ「デニムの切れ端」です。

デニムはもともと農夫のための作業着であったことからも、繊維が強固であり土汚れに対する耐久性があります。

ペグやテーブル脚の先端、ポールなど地面と接する部分の掃除にはピッタリです。

さらに泥が乾燥すれば砂として軽く払うだけで汚れを落とすことができるので、管理もしやすく再利用することもできます。

 

 

パイント ・クウォート・ガロンバケツ / LEAKTITE(リークタイト)

f:id:tktoshi:20220114211140j:plain

(出典:https://www.leaktite.com/

 

アメリカの老舗バケツブランド「LEAKTITE(リークタイト)」のバケツです。

スツールとしても使用できる耐久性を備えており、アウトドアやガレージでの使用に適するこのギアは、炊事場から水を運んだり、食器の掃除などに役立ちます。

使用しない時には荷物を入れて円形のコンテナとしても使用できます。

そしてLEAKTITEのバケツの最大の特徴はアメリカンなものからカモ柄まで、多種多様にオシャレなデザインにあり、ご自身のサイトやシーンに合わせて好みの柄のものをチョイスできます。

アメリカ規格なので、サイズ表記が異なりますが、約1リットルであるクウォートからのサイズ展開があります。

 

 

フィールドブロワ / snow peak(スノーピーク

 

工事現場での仕事に従事する方であれば知らない人はいないブランド、マキタのOEM製品として知られています。

マキタと言えば電動工具感の強いマキタブルーが有名ですが、こちらの製品はスノーピークらしいシックなアースカラーで外装されており、キャンプサイトにも馴染みます。

強力な排気力を有するブロワーなため、キャンプではテントの湿気を飛ばしたり、テント内の虫・枯れ草・砂などを一掃することができます。

吸引力は弱めですが吸引機として使用することもできるため、ワンポールテントなどで排気しにくいテントであってもゴミ掃除に一役買ってくれます。

マキタのリチウムイオンバッテリーを電源としており、同じくスノーピークの扇風機「フィールドファン」とセットで所有するのもオススメ。

ただし音が大き目なことと、排気力がかなりスゴイので、込み合ったキャンプ場などで使用すると、ご近所のキャンパーに嫌がられる可能性もあり注意が必要です。

 

 

ロングブルーム / SCHALTEN(シェルテン)

 

クリーニングツールを主として扱う日本のブランド「SCHALTEN(シャルテン)」の長柄のホウキです。

キャンプで持っていると意外と便利なのが「ホウキ」で、テント内や車のラゲッジスペースの掃除がしやすくなりますし、テント内の天井に迷い込んだコバエなどの小虫を追い出すのにも使えます。

 

 

セーム / SWANS・speedoほか

f:id:tktoshi:20220114232147j:plain

(出典:https://www.goldwin.co.jp/speedo/

 

セームとは吸水性の高い素材で作られたタオルのことで、絞って何度でも使用できるというグッズです。

競泳の選手や車の洗車に使っているのを見たことがある方もいるかと思います。

雨などで水滴がついてしまったギアや、テントなどの一時的な水分除去にとても便利です。

シンプルな無地のデザインのセームが多いですが、SWANSなど中には派手なデザインをしたものもあるため、探してみても面白いかと思います。