PLUS ONE HABIT

雑貨×キャンプ×リハビリをメインに、あなたの日常や習慣をアップデートするための発見の場

【クイックキャンプ】 ビンテージ調キャンプテーブルがオシャレ!軽い!組み立てがラク!で3拍子揃ってる

f:id:tktoshi:20210607194526j:plain

キャンプにおいて、テーブルはいくつあっても困らないものの1つ。

大小様々なテーブルが各アウトドアブランドより販売されています。

今回おすすめするのは、QUICK CAMP(クイックキャンプ)というアウトドアブランドのビンテージ調テーブル

見た目は文句なしにカッコいいし、機能性も申し分なし!

メインのテーブルの1つとして是非ご覧ください。

 

 

QUICKCAMP(クイックキャンプ)とはどんなブランド?

QUICKCAMP(クイックキャンプ)というブランドは、インドアとアウトドアの切り替えをサクッと行い、文字通り゛QUICK(素早く)“に野遊びを楽しもうというコンセプトのもと、数々の便利アウトドアアイテムを開発している新進気鋭のブランドです。

今回紹介するテーブルは目玉とも言えるギアの1つ。

他にもロールテーブルやキャリーワゴン、珍しいところで言うとドッグコットなんかもあります。

準備や片付けに疲弊してるなんて、もったいない。

食事をして、話をして、眠る。

いつもと同じ日常を、ただ外に持ち出すだけでいい。

それだけで、何でもない日が、特別な日に変わる。

quickcamp.jp

 

テーブルのスペック

◎サイズ

 天板:展開時120×60cm、収納時60×60cm、厚さ3.5cm(収納時7cm)

 高さ:70cm/40cm(継ぎ脚方式で2段階調整が可能)

◎重量

 4.8kg

◎耐荷重

 30kg

◎天板スペック

 アルミMDF耐熱耐水素材(中密度繊維材に該当し、木質繊維と合成樹脂を合わせて成形した素材)。メラミン加工。

 耐熱温度:150℃

 

これ1つあると大体済んでしまうテーブル

オンラインショップを始め、楽天Amazon、PaypayモールなどのECサイトでもサテライトショップがあるため、購入の間口はかなり広いです。 

cabinet-online.jp

 

f:id:tktoshi:20210607193613j:plain

まず専用の袋が付いています。

これは地味に嬉しいポイントです。

100均などでわざわざサイズに合った袋を購入する必要がありません。

 

f:id:tktoshi:20210607193628j:plain

袋から出すとこんな感じです。

実際に見ると分かりますが、結構大きいです。

新聞紙片面でも収まらないこのサイズ感。女性が運ぶにはちょっと大きすぎる気がします。

ですがその反面、組み立てが圧倒的にラクであり、折り畳み部分が少ない分、耐荷重性や耐久性も向上しています。

f:id:tktoshi:20210607193634j:plain

 

f:id:tktoshi:20210607193652j:plain

 

上部にフックが付いているため、運ぶ際に勝手に開いてしまうことが防止できます。

f:id:tktoshi:20210607193643j:plain

 

f:id:tktoshi:20210607194820j:plain

f:id:tktoshi:20210607193722j:plain

展開時サイズは120cm×60cmであり、食材を置いて家族でワイワイ料理したり、出来上がった料理をみんなで囲んで食べたりするのに丁度良いサイズ感です。

耐熱性も150℃まであるようで、オーブンで熱された陶器程度なら大丈夫ですが、スキレットダッチオーブンなどは直接置かない方が良いです。

耐荷重30kgあれば、鍋なども置くことができ、料理を食べる際には大抵のものはこのテーブルで済みます。ですが、焚き火台やコンロを置いて料理しながら食べるというのはちょっと安定性に欠けるかもしれません。

 

f:id:tktoshi:20210607193836j:plain

天板の展開時の繋ぎ目部分にもしっかりフックがあります。

細かいところまで作られているのが分かります。

 

f:id:tktoshi:20210607193814j:plain f:id:tktoshi:20210607193832j:plain

4本の脚もしっかり固定されるため、テーブル自体のガタつきもほとんど気になりません。

 

f:id:tktoshi:20210607193806j:plain

そして、天板の裏には延長用の脚が収納できるようになっています。

 

f:id:tktoshi:20210607193729j:plain

これを接続すると、70cm高のテーブルから、140cm高のテーブルへトランスフォームさせることができます。

 

f:id:tktoshi:20210607193735j:plain

70cm高であればロースタイルに対応できますし、140cm高であればミドル~ハイスタイルでも対応可能です。

180cmくらいある男性だときついですが、女性なんかはこのテーブルの上でお肉を切ったりなどの料理もしやすい高さだと思います。

 

デメリット、ここはもうちょっと、、という点

コールマンやロゴスなどでも同様のテーブルがありますが、このタイプのテーブルは携帯性に特化しているため耐荷重性などをこれ以上求めることは難しいと思います。

耐荷重性を求めるのであれば、他にも良いアイテムが沢山あるので、そちらを検討するのが良いでしょう。

デザインもかなりオシャレだし、何なら屋内でのテーブルとしても使用できます。

私の視点から、このテーブルに対する不満点はただ1つ。

ずばりサイズです。

折り畳み時のサイズがなんせ大きいです。運ぶのは自動車なので、我慢できますが、もう少し小さくできるとパッキングなどで楽になるかなと感じました。

そのくらいです!

 

総合的に見ると、とてもオススメ!!

気になった方は是非検討してみて下さい。