PLUS ONE HABIT

雑貨×キャンプギアをメインに、たまに本職のリハビリの話もする、取るに足らない日常の「雑」を紹介するブログ

家具屋発のアウトドアブランド「Hang Out(ハングアウト)」のログキャリーで焚き火が快適になる!

f:id:tktoshi:20211107112828j:plain

「Hang Out」というブランドをご存知ですか?

日本の家具屋さんが立ち上げたアウトドアブランドで、家具作りで培われたデザインのオシャレさと実用性の高さで注目を集めているブランドです。

キャンプで大活躍間違いなしのギアの数々と、その中でも焚き火で活躍すること間違いなしの「ログキャリー」というギアについてレビューしていきます。

焚き火をもっと楽しく快適にしちゃいましょう!

 

 

 

ログキャリーとは?

ログキャリーというのは、簡単に言うと焚き火をする時に使用する「薪」を運ぶためのアイテムです。

通常、薪はホームセンターなどで段ボール箱に入った状態のものを購入するか、キャンプ場直営店でワイヤーで巻かれて固定してあるものを購入することが多いかと思いますが、そのまま持ち運ぶのは少し大変です。

そんな時にログキャリーのようなキャンプギアがあると、簡単に薪を持ち運ぶことができます。

しかも、ただ薪を置くよりもキャンプサイト映えすること間違いなしです。

 

 

「Hang Out(ハングアウト)」のログキャリーで焚き火が快適になる!

実物はどんな感じ?

f:id:tktoshi:20211107124708j:plain

 

持ち手は木製ですので、夏でも冬でも熱さや冷たさを感じることはありませんし、見た目がとてもオシャレです。

ロゴも雰囲気を邪魔をしないサイズとデザインです。

f:id:tktoshi:20211107124716j:plain

 

広げると内面の中央部分は合皮調の丈夫な素材となっており、薪のささくれが引っ掛かって破れないような耐久性の高さとなっています。

横幅のサイズもたっぷりあるため、薪を沢山載せることができます。

f:id:tktoshi:20211107124731j:plain

 

薪をログキャリーの上に置いて包み込むように持ち上げると、トートバッグのように持ち運ぶことができます。

見て分かるように側壁が無いため、傾けると薪がずれて落ちてしまうのは注意が必要です。

f:id:tktoshi:20211107124841j:plain

 

このログキャリーには、なぜ4つのグロメット(ハトメ)があるかというと、同じくHang Out(ハングアウト)のギアである「ファイヤーサイドテーブル」のスタンドに置くことで「薪台」としても使用することができるからです。

f:id:tktoshi:20211107131345j:plain

 

スタンドの上端に出っ張りがありますが、そこにログキャリーのグロメットをピッタリはめることができます。

これによりスタンドに対してログキャリーがしっかり固定され、ズレずに使用することができます。

f:id:tktoshi:20211107134707j:plain

 

左右ともグロメットに出っ張りを通して設置すると、簡単に薪スタンドに早変わりします。

f:id:tktoshi:20211107124830j:plain

 

スペック

  • サイズ:タテ430mm×ヨコ1000mm×厚さ(木製の持ち手)20mm
  • カラー:ネイビー、オリーブ、ホワイトベージュ
  • 重量:0.5kg
  • 材質:<キャリー>帆布、<持ち手>塗装天然木

通常市場に出回っている薪のサイズは40~45cm程度にカットされていることが多いので、丁度良い横幅のサイズとなっています。

 

オススメポイント

①オシャレでスタイリッシュな見た目

薪との相性がバツグンで、とにかくカッコいい見た目です。

使い込むことで経年変化も楽しめそうです。

f:id:tktoshi:20211107151718j:plain

 

②持ちやすい

持ち手が直径2cm程度の太めの木製となっているため、握りやすく持ち運びはとてもしやすいです。

耐荷重などの記載はありませんが、帆布の耐久性もかなりあるため、かなり荒い使い方をしても破れる心配はありません。

 

③オプションパーツで快適な焚き火環境がさらに整う

このログキャリーにはオプションパーツがいくかあるため、それらと組み合わせることで様々な使い方をすることができます。

その一例としては、先ほどご紹介した「ファイヤーサイドテーブル」のスタンドと組み合わせることで薪台として使用する方法です。

f:id:tktoshi:20211107112828j:plain

 

また、テーブルの天板を設置することで焚き火の横に置けるテーブルに早変わりです。

ここで焚き火をしながら調理をしたり、飲みかけのお酒を置いたりしながら有意義な焚き火時間を過ごすことができます。

f:id:tktoshi:20211107133530j:plain

 

テーブルの天板はステンレス製のもの(ステンレストップ)もあるため、これを用意すれば焚き火と一緒に使用したダッチオーブンや鍋などをそのままダイレクトに置くことができるようになります。

 

意外と困るウォータージャグのスタンドとしても使用することができます。

 

これらのオプションパーツは、様々なセット販売もされているため、ご自身の用途に合わせてセット商品を購入して頂くことができます。

  • 薪台として使用したいのなら「ログキャリー」+「スタンド」
  • 焚き火のテーブルとして使用したいのなら「ログキャリー」+「スタンド」+「テーブル(天板)」
  • ログキャリーは無くても良いがテーブルだけ欲しい場合には「スタンド」+「テーブル(天板)」
  • ダッチオーブンなど熱いものを使用する予定なら「ステンレストップ」も追加

などです。

何も持っていない状態の初心者さんにおすすめは、「ログキャリー」+「スタンド」+「テーブル(天板)」のセットです。

焚き火周囲に欠かせない存在となること間違いなしです。

 

マイナスポイント

①薪が落ちやすい

側壁が無いため、持ち運ぶ際にあまりに傾けると横から薪が落下してしまう可能性があります。

しかしこの点に関しては、持ち上げる際にキャリーの左右の布が、薪を挟むように両側から押さえつける方向に力が働くため、薪同士の摩擦によって滑りにくくはなっています。

f:id:tktoshi:20211107151234j:plain

 

②一度に運べる量はそれほど多くない

箱入りの5kg量の薪を購入し、ログキャリーに載せてみましたが、パンパンになってしまい持ち手が届かなくなるのと、重量が大きくなるために片手で持ち運ぶことは大変でした。

両手で持ったり、2人でそれぞれの持ち手を持ったりすれば良いかもしれませんが、前述のように横から薪を挟み込むような力が働かないため、薪は落下しやすくなってしまいます。

もし長時間の焚き火をするなら、このログキャリーで一度で持ち運べる量の薪では足りないかもしれません。

その場合は、車などに予備の薪をストックしておき、ログキャリーで車にある薪をその都度取りに行くみたいな使い方をするなど工夫は必要かと思います。

 

 

「Hang Out(ハングアウト)」ってどんなブランド?

家具屋さん発のアウトドアブランド

「アクティブな暮らしと、くつろぎの外遊び」をブランドコンセプトとし、「Active life Slow camp」つまりアクティブでありながらくつろげるアウトドア空間の提供と、「Life with Green」つまり緑と共存する生活の提供を2本柱としてモノづくりを行うアウトドアとグリーンテリアのためのブランドです。

愛知県清須市に拠点を置く、本業は家具の企画・輸入・製造販売を行う「株式会社弘益」さんが2017年にサイドブランドとして設立した日本発のブランドです。

自分らしいライフスタイルを探すのをお手伝いしてくれるようなオシャレで機能的なキャンプギアを沢山揃えています。

hangout-online.jp

 

他にもこんな珍しいギアがありますよ

ポールローチェア

 

アーチテーブル

台形のテーブルのため、6台組み合わせることで焚き火台を囲むヘキサテーブルとしても使用することができるテーブルです。

 

ファイアピット

ステンレス板1枚をメインとしたピコグリルのような見た目の焚き火台です。

軽量で折り畳めばコンパクトになり、安定性もしっかりしています。

 

 

Hang Outはまだそこまで知名度が高いわけではないので、他の人と被ることも少ないですし、人気になる前に先取りして手に入れてみても良いのではないでしょうか。

他にも沢山のギアが揃っているので、きっと探しているものが見つかると思いますよ!