COLORFUL than BEFORE

オシャレで快適なインドア・アウトドアを実現するためのWEB雑貨情報局

COLORFUL than BEFORE

リラクゼーションドリンク「CHILL OUT」飲んでみた 【味やチル感のレビュー】

「リラックスする」という意味のスラング英語「チルアウト」。

その言葉をダイレクトに冠したドリンクが発売されていることをご存知ですか?

まるでレッドブルの対極にあるようなドリンクは、すぐにでもリラックスしたい休日の午後やキャンプなどにピッタリです。

この記事ではリラクゼーションドリンク「CHILL OUT」の味や実際に感じたリラックス感をレビューしていきます。

気になった方は、読んだ後にすぐ買いに行ってみては!

 

 

CHILL OUTとは?

 

株式会社I-neと日本コカ・コーラ社による合同会社Endianが2016年に発売を開始した日本発の炭酸入り清涼飲料水です。

当初は180mlの缶で発売されていましたが、その後何度かリニューアルを重ね、現行のモデルが2021年5月17日より展開開始となっています。

容量は250ml。

消費期限は購入日から数えて7~8か月先の日付が缶底面に刻印されていました。

 

主成分(100ml中)は以下の通りです。

エネルギー40kcal、たんぱく質0.1g、脂質0g、炭水化物9.8g、食塩相当量0.008g

アレルギー物質:オレンジ

GABA20mg、テアニン70mg

 

原材料名は以下の通りです。

果糖ブドウ糖液糖、ぶどう果汁、オレンジ果汁、ヘンプシードエキス、ギャバ、ホップエキス、炭酸、酸味料、テアニン、香料、V.C(ビタミンC)

 

保存料・着色料・人工甘味料は不使用ですので、それらが気になる方も安心して飲むことができます。

液体はほとんど透明ですが、若干黄色みがかった色をしています。

 

 

どんな味?

炭酸飲料ですが、リフレッシュというよりもリラクゼーションを促すために微炭酸の仕様となっています。

飲み口はとても爽やかで、前半は薄めたオレンジジュースと、マスカットジュース(お酒の「氷結シャルドネ味」に近いです)を合わせたような味で、後半にかけてホップの余韻が残ります。

若干シトラスやハーブのような香草チックな風味も感じました。

ガムの様な味の印象もあるので、例えばソルティライチの様な味が苦手な方は避けた方が無難かもしれません。

このフレーバーに関しては、リラクゼーションをサポートする目的でAIが独自に導き出したもののようです。

人工甘味料を使用せず、全体的に爽やかな風味ですが、果糖ブドウ糖液糖が含まれているため、やはりそれなりに甘さはあります。

トニックウォーターを飲んだことがある方は、トニックウォーターの原料である柑橘系の代わりにブドウとオレンジを使用した、ブドウ・オレンジ版のトニックウォーターをイメージして頂くと分かりやすいかもしれません。

そんなこんなで、トニックウォーターの代わりにジンと交ぜることで、ジントニックのようにして飲んでも美味しいです。

 

 

その効果は?

まず、このCHILL OUTには4種類のリラクゼーション成分が含まれています。

眠くなる成分は含まれていませんのでご安心を。

ヒトの脳内にも存在し、脳をリラックスさせたり睡眠の質を上げる効果がある「ギャバ(GABA:γアミノ酪酸)」のほかにも、お茶の旨味成分である「L-テアニン」もリラクゼーション効果に関与し、脳のリラクゼーション具合を表すα波を誘発し、ストレスの軽減や疲労の軽減に寄与していると報告する研究もあります。

また、必須脂肪酸や植物性タンパク質、ミネラルを豊富に含むと言われるスーパーフード「ヘンプシード」のエキスも配合されています。

ヘンプシードとは「麻の実」のことであり、「麻」と聞くと大麻のような中毒性を連想する方もいるかもしれませんが、ヘンプと記載されるものには、日本では違法である大麻の主成分であるTHCは限りなく少量であるため、その心配はご無用です。

そして「ホップ」はビールの苦み成分として有名であり、不安やイライラに対して鎮静効果があるとされています。

 

私は市販されている睡眠導入剤などは全くと言っていいほど効果を感じたことが無く、悩んだことがありましたが、「CHILL OUT」を飲んでからしばらくすると、少し眠くなってきたような気がしました。

私のように、医学的に処方される睡眠薬などではなく、ドラッグストアで市販されている睡眠導入剤や睡眠サプリに効果を感じたことが無い方でも、少なからずリラックス効果はあるかと思います。

一方で、それらの睡眠グッズに感受性のある方は、この「CHIL OUT」でもきっとリラックスできたり、眠くなったりしてくる可能性が高いと思います。

効きすぎて色んな意味で事故を起こさないように、車の運転や大事な会議の前には避けた方が良いかもしれません。

 

 

どこで買える?

東京都内のコンビニや、ドン・キホーテ、全国の西友や東急ストアで発売されています。

田舎ではまだ見かける機会が少ないですが、決してレア商品ではなく、西友などにも売っているため、その気になって探せば簡単に手に入れることができます。

Amazonや楽天市場などでも取り扱いがあります。

少し高価なため、試しに1本飲んでみて、気に入った方はまとめて購入するのも良いかもしれません。

カロリーゼロ、糖質ゼロのバージョンも発売されているので、血糖値が気になる方はそちらを選ぶと良いでしょう。