COLORFUL than BEFORE

オシャレで快適なインドア・アウトドアを実現するためのWEB雑貨情報局

COLORFUL than BEFORE

SOTO 「マイクロトーチアクティブ」 レビュー 【くり返し充填可能!つかない場合の対処法も】

f:id:tktoshi:20210721195335j:plain

SOTOの小型ライターとして知られる「マイクロトーチアクティブ」ですが、意外と高価なことから購入を見送っている方も多いハズ。

間違いなく購入して良かったと感じると思うので、今回はこの商品の使用感や良い点・悪い点などを勝手にご紹介していきます。

 

 

 

 

SOTO 「マイクロトーチアクティブ」 レビュー

アウトドア業界最大手のブランドの1つ「SOTO(ソト)」。

このブランドが擁する数多くのキャンプギアの中に「マイクロトーチアクティブ」というものがあります。

この商品は簡単に言うと「ターボ型のライター」ですが、アウトドア向けに作られているだけあって、キャンプなどで大活躍間違いなし!

というのも、コンビニや100均にあるような生活感丸出しの使い捨てライターとは大きく違う点がいくつもあります。

デザイン製の高さも確保しつつ、必要十分な機能性の高さでキャンプの必需品ともいえる製品に仕上がっています。

以下、購入して良かった点や、使いづらいと感じた点をレビューしていきます。

 

 

高スペック×5種類のカラー×火口ノズルは2タイプ

アウトドアショップでは、紙製の衣装箱に入って売られています。

基本的にSOTOのアイテムは、他のブランドと比較してもパッケージがオシャレに作られているものが多い印象ですが、こちらも例外なく和紙の様な質感の紙のパッケージになっています。

f:id:tktoshi:20210721195346j:plain

 

f:id:tktoshi:20210721221633j:plain

外箱にも記載がありますが、仕様は、

  • 外形:幅50×奥行19×高さ90mm
  • 重量:45g
  • ガス消費量:7g/h
  • 発熱量:0.09kW(80kcal/h)
  • 火口径:Φ14mm
  • 火炎温度:1300℃
  • 点火は圧電着火方式

カラーも、ブラック・オレンジ・ブルー・コヨーテ(黄土色)・アーミーグリーン(深緑)とお好みに合わせてチョイスして頂けます。

 

オススメは圧倒的に「アーミーグリーン」と「コヨーテ」のアウトドアカラーです。

「アーミーグリーン」と「コヨーテ」のカラーは2020年冬の限定カラーのようですが、あまり認知されていないのか店頭やウェブサイトでもまだまだ見かけることが多いです。

買うなら今がチャンスです!

 

また、火口ノズルのタイプが2種類あり、上記のリンクにあるように火口のノズルが斜めに突き出ている「火口ヨコ型」タイプのものと、火口のノズルが真上に伸びている「火口タテ型」タイプがあります。

火の点けやすさは「火口ヨコ型」の方が高いので、使用用途に合わせて、コンパクトなものが欲しければ「タテ型」、使いやすさ重視なら「ヨコ型」などのように、使い分けることもできます。

 

この写真にあるように、私が購入したものは「火口ヨコ型」タイプのアーミーグリーンカラーの商品です。

 

 

サイズ感【老若男女が片手でおさまるコンパクトさ】

想像以上に小型なため、ペットボトルと比較すると大きさの違いがありすぎて、あまりピンとこないかもしれません。

f:id:tktoshi:20210721201327j:plain

 

市販の使い捨てライターと比較すると、ほとんど同じサイズ感となっています。

女性でも片手で収まるサイズになっており、とても取扱いがしやすいです。

f:id:tktoshi:20210721222741j:plain

 

一方で、かなり小さめのサイズのために紛失してしまわないように注意が必要です。

マイクロトーチアクティブには下部にストラップホールがあるため、キーホルダーなどで目印を付けておくと良いかもしれません。

 

 

操作性【片手で簡単に扱える】

火口にはキャップが付いているため、使用しないときにはキャップを被せておけば誤点火を防止でき、安全に持ち運ぶこともできます。

また、ゴミが入り込むことを防いでくれます。

f:id:tktoshi:20210721195443j:plain

 

また、このキャップの開閉と着火は片手で行うことができます。 

f:id:tktoshi:20210721195354j:plain

 

火口のキャップは、出っ張り部分に指を引っかけて持ち手の方向に引くだけで簡単に開けることができるため、まず人差し指でキャップを開きます。

f:id:tktoshi:20210721195403j:plain

 

そして親指で着火ボタンを押すことで、片手で簡単に着火することができます。

大抵の場合、火をつけるという動作は片手で何かを操作したり持ったりしながら、もう片方の手で着火することが多いと思われます。

そういう時に、片手で安全に取り扱うことができるという点はかなりグッドポイントです。

f:id:tktoshi:20210721195411j:plain

 

 

火力【下部のツマミで簡単に火力調節が可能】

もちろん火力の強さも調節することができますが、その方法はボトムのツマミを回すだけ。

f:id:tktoshi:20210721195434j:plain

 

最低火力では1~1.5cm程度の火柱。

f:id:tktoshi:20210721224035j:plain

 

最高火力で4cm程度の火柱となります。

温度としては1300℃の火力が出せるため、着火装置の無いバーナー・ストーブ・ランタンなどの着火はもちろんのこと、焚き火への火付けや、ロープの切断などにも幅広く使用することができます。

f:id:tktoshi:20210721224052j:plain

 

 

充填式【ガス缶からの充填で繰り返し使えておトク】

カセットガスやライターガスのガス缶から、燃料の充填もできるため、何度でも繰り返し使うことができます。

f:id:tktoshi:20210721233046j:plain

この写真にあるように、マイクロトーチアクティブの火力調整ツマミがある方を上にして机の上などでしっかり手で握って固定します。

そしてツマミの中央にある穴に、カセットガス缶の差込口を合わせ、垂直に押し込むことで簡単に燃料が充填されます。

「シューーー」という音がすれば、ちゃんと充填されています。

押し込み続けていると数秒で充填は完了し、充填が完了した合図として、それ以降は液体ガスが漏れ出してきます。

漏れ出てきたガスはしっかり拭き取り、作業は完了です。

以上の作業を行う場合は、必ず窓を開けて換気を良くしてから行うか、屋外にて行うようにしましょう。

 

また、どの程度燃料が充填されているのかを確認したい時は、このロゴの左にある「窓」を見ましょう。

本体を傾けた際に液面が動くので、現在どの程度燃料が残っているのかをひと目で確認することができます。 

f:id:tktoshi:20210721233631j:plain

 

 

この他にもさらなるメリットが沢山

コンビニなどで販売されているライターやチャッカマンなどは、お安く簡単に手に入る一方で、使い捨てですし、どうしても生活感がついてまわるというデメリットがあります。

また、失くすことが多いので、何度も買ってしまったという経験がある方は多いと思います。

しかしこのマイクロトーチアクティブは、オシャレな見た目で、充填式なので繰り返し使用できるため、使うたびに「愛着」も湧いてきます。

キャンプという非日常の機会には、オシャレな着火バーナーを持って、片手で華麗に火を取り扱うことで、ストレスなくアウトドア上級者を語ることができるギアとなっています。

さらに愛煙家の方がいれば、その方に宛てての父の日などの「プレゼント」なんかにも良いかもしれません。

 

 

マイナスポイント

一方で、使っていて不便に感じるなど点など、デメリットと呼べる部分もいくつかありますのでご紹介します。

 

取り扱い説明書が丁寧ではない

外箱と簡単な説明書も付属していますが、ごく簡単な基本的な使用方法しか書かれておらず、例えば火力調整ツマミの説明が無かったり、カセットガスの充填方法が曖昧であったりと、細かい部分の使い方に一番最初は困るかもしれません。

ですが、とてもシンプルな構造のため、最初さえ使い方が分かってしまえば、あとは特に困ることは無いかと思われます。

火力調整ツマミの説明や、カセットガスの充填方法は、私が調べて使用している方法をこのブログ記事にも書いてあるので、飛ばし読みされた方は、是非上の方に戻って読んでみて下さい。

 

値段が高い

税込みで1815円とライターとして購入するのであれば少しお高めの値段設定ですので、手が出しにくい方もいるかもしれません。

しかしながら、繰り返し使用することができ、見た目もとてもカッコいいので、使用してみた感想としては、コスパはかなり良いと感じました。

 

長時間の使用には適さない

この説明書にも書かれていますが、連続使用は20秒以内にしなければなりません。

20秒以上連続して使用すると、火口の蓋や本体が熱を帯びてやけどの恐れがあったり、故障につながることもあるようなので、必ず20秒以内に火を消すことを肝に銘じておく必要があります。

ですので、バーナーやストーブの着火には全く問題ありませんが、焚き火やBBQなどでの使用を考えている方は、燃えにくい広葉樹・炭の直接の着火には適さないと思われます。

SOTOは他にもガスバーナーなどの品ぞろえも豊富なので、そちらを使用された方が良いかと思われます。

一方で、松など燃えやすい木や、焚きつけの麻などに火を点ける場合は、それほど時間がかからずに火がついてくれるので、火を点ける対象が主に燃えやすいものが多い場合は、このアイテムはまさしく「買い」であると思われます。

 

炭起こしや料理の炙りなど、より高火力のバーナーを扱いたい時には、SOTOの名作「フィールドチャッカ―ST-450」もオススメです。

colorful-daily.com

 

たまにつかないことがある

SOTOのギアをAmazonのレビューなどで見ていると、たまに発見するのが「つかなくなる」や「故障しやすい」といった使用者の声です。

このマイクロトーチアクティブにおいても、私も1年間で2度ほど点火しにくくなったことがありました(治りましたが)。

この不具合の原因について、分解などはせずに1人の消費者視点から少し考察してみました。

まず大前提として燃料が十分に充填されているかを確認しましょう。

また、ガス缶などからの充填直後は、マイクロトーチアクティブ本体の温度が下がることでガスの噴出機能が低下することがあるようです。

その場合は数分間放置して、本体の温度が常温に戻るようにしてから再度使用してみましょう。

 

点火ボタンを詳しく見ていくと、半分ほど押し込むことで「シュー」とガスが放出され始めます。

f:id:tktoshi:20211126093117j:plain

 

そしてしっかりと最後まで押し込むことで火花が発生し、噴出したガスに点火する仕組みになっています。

f:id:tktoshi:20211126093226j:plain

 

点火ボタン1つで「ガスの噴出機能」と「着火機能」の2つの機能をカバーしているため、それぞれどちらかの機構に不具合が発生することによって、点かないといった現象が発生してしまうのだと思います。

 

「着火機能」の不具合?

まず「着火機能」についてですが、下の写真の矢印の先から火花が出るようになっているのですが、私が点火できない場面を経験した際にも、ここから火花はしっかり出ていました。

この部分から火花が出なくなったら、それは「着火機能」による不具合だと考えて良いと思います。

f:id:tktoshi:20211126094508j:plain

 

「ガス噴出機能」の不具合?

次に「ガスの噴出機能」についてです。

この場合、私達ができることは限られていますが、私が2度の不具合の中で、直すために行った方法は「火力調節ツマミを操作する」ことと「ガスを再度充填する」ことです。

 

まず「火力調節ツマミを操作する」についてです。

というのも、私はこの「火力調節ツマミ」を無段階調節だと思っていたので、真ん中あたりで回転させるのを止め、中火くらいになるようにして使用していました。

しかし私の使用感ですが、どうやら最低火力か最高火力での使用をしたほうが挙動が安定しているようで、調節ツマミの「+」や「-」の位置までしっかり回しきってから何回かカチッカチッと着火させることで、再度使用できるようになりました。

 

「ガスを再度充填する」ことに関してですが、そもそもこのマイクロトーチアクティブの内部構造も、CB缶やOD缶などのガス缶と同様の構造をとっていると思います。

底部は液体状態のガス、上部は気化した気体状態のガスがそれぞれ存在し、それぞれの圧力によって平衡状態となっているところを、上部の気化した気体状態のガスを取り出して、放出する仕組みです。

詳しくは以下のブログ記事の中で記載しています。

colorful-daily.com

 

よく聞く「ドロップアウト現象」のように、充填されている燃料が減ることで内部圧力が低下し、ガスの噴出機能も低下することを改善させる意味で、ガスを再度充填することを行いました。

もし燃料がしっかり充填されていたとしても、圧力によって発火口までの「通り」が良くなるかもしれないので、ガス缶を差し込んでの充填を一度試してみても良いかもしれません。

また、先述しましたが充填直後は本体の温度が低下して挙動が不安定となる場合があるため、数分間は常温に戻るまで放置します。

 

「着火機能」の不具合であったり、火力調節ツマミを適切に使用したり、ガスを再度充填したりしたとしても、それでも点かなくなってしまったら修理が必要かと思われるので、カスタマーサポートなどに相談することを検討しましょう。

そもそもアウトドア用品全般に言えることですが、使用状況が過酷ということもあり、「壊れて当たり前」ということを常に考えておく必要はあります。