PLUS ONE HABIT

雑貨×キャンプギアをメインに、たまに本職のリハビリの話もする、取るに足らない日常の「雑」を紹介するブログ

ユニフレームの「FGハンガー」が地味に便利 【ファイアグリルオプションパーツ】

f:id:tktoshi:20211027192815j:plain

BBQや焚き火をする時に「このトングどこに置こう?」と感じたことはありませんか?

特にユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」をお持ちの方、この記事ではそんな時に大変役に立つオプションパーツ「FGハンガー」についてご紹介しています。

ファイアグリルをお持ちなら、買わないと損してますよ。

 

 

 

ユニフレームの「FGハンガー」が地味に便利

 

 

設置方法は、書くほどでも無いたったの①ステップ

このギアはユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」専用のものです。

f:id:tktoshi:20211006142205j:plain

 

ファイアグリルのスタンドのパイプ先端に、FGハンガーの差し込みコネクタを差し込むだけで設置完了です。

f:id:tktoshi:20211027192635j:plain

 

U字となっている部分を、ファイアグリルのスタンドのツメ金に合わせることで、FGハンガーがグラついたり、倒れたりすることなく使用できる構造になっています。

f:id:tktoshi:20211027192627j:plain

 

コネクタ部分は2段になっており、「ファイアグリル」でも「ファイアグリルラージ」でもどちらでも使用することができます。

f:id:tktoshi:20211027202130j:plain

https://www.uniflame.co.jp/product/683248より引用)

 

存在感のあるアンテナみたいな部分が付き、若干ポケモンみたいな見た目になりましたが、これはこれでカッコイイです。

f:id:tktoshi:20211027192541j:plain

 

トングや炭バサミは沢山引っ掛けられます。

先端が丸く曲げ処理されているので、落下することも防止できていて細かところまで配慮されています。

f:id:tktoshi:20211027192529j:plain

 

少し無理やりですが、耐火グローブなども載せることができます。

f:id:tktoshi:20211027192455j:plain

 

 

ファイアグリルにピッタリ収納できる

純正品ということだけあって、ロストルの上に載せると、シンデレラフィットで収納できるようにサイズが作られています。

f:id:tktoshi:20211027192729j:plain

 

この上にスタンドと焼き網を載せて持ち運ぶことができます。

f:id:tktoshi:20211027192716j:plain

 

横から見ると、FGハンガーの分だけ少し浮き上がってしまいますが、ほとんど気にならない範囲でしょう。

f:id:tktoshi:20211027192708j:plain

 

 

スペック

  • サイズ:直径5mm×長さ480mmです。
  • 重量:120g
  • 耐荷重:約1㎏
  • 価格:税込み1900円前後

トングは大きくても100g前後あるか無いかなので、10本は余裕でぶら下げることができます。

f:id:tktoshi:20211104155748j:plain

 

 

使用感

ユニフレームのファイアグリルを使用しているのであれば、この「FGハンガー」は絶対に持っておいた方が良い、と、この一言に尽きます。

そんなにかさ張らないし、あると本当に重宝します。

トングを無くすことも防止できます。

f:id:tktoshi:20211118180733j:plain

 

また、炭の火起こしや薪の火付けなどを高火力タイプのガスバーナーで行っている方もいるかと思いますが、そんなガスバーナーを使用する時にもこのFGハンガーは活躍します。

というのも、一部のガスバーナーはこのFGハンガーとファイアグリル本体の上に橋渡しのような感じで割と安定して載せることができるため、位置を固定した状態で一定の部分に集中して火を向け続けることができます。

手ぶらでガスバーナーでの火付けができるようになるのでとても便利です。

BBQの前段階として、こういった使い方もできるので余計に重宝しています。

f:id:tktoshi:20211118181113j:plain

 

さらに、ハンガー部分の先端は丸い輪の形に処理されていますが、この部分には、意外と置き場所が困る取っ手付きの金属製の串などを差し込んでおけば、一時的な保管場所として使用することもできます。

BBQなどを例にとれば、串は肉や野菜に差してまとめて調理したり、焼きマシュマロを作る時に使用するかと思われます。

以下の写真では100均で手に入る金属製の串を用いていますが、意外と置き場所に困るこの串たちを、一時的に置く場所として使用することができます。

f:id:tktoshi:20211122164826j:plain



ファイアグリルのオプションパーツは他にもたくさん

エンボス鉄板

 

この鉄板があれば、BBQで文字通り鉄板の焼きそばを作ることができるし、他にもステーキやハンバーグなども作れるようになります。

焼き面は一段下がった構造をしているため、フチの立ち上がりで食材がこぼれることもありません。

購入時はクリアラッカー焼き付け塗装がしてあるため、シーズニングは必要ですが、育てる楽しみもある鉄板製品ですので持っておいても良いかもしれません。

 

ヘビーロストル

 

ダッチオーブンなどの重量のあるクッカーを使用したい場合に重宝します。

ファイアグリルのスタンドの上に焼き網の代わりに載せて架台としても良いし、ロストルとして炭置きにしても良いという一石二鳥のアイテムです。

5mmのステンレス無垢棒を使用しており、おそらく曲がることがない抜群の耐久性を誇ります。

 

収納ケース

 

トートバッグ型の収納バッグです。

420デニールのポリエステル製であり、引き裂きにはとても強い耐久性のある素材を使用しています。

燃焼には弱いにで、本体はしっかり冷ましてから使用しましょう。

 

この他にも、消耗品であるロストルや焼き網の交換品はもちろん、トライポッドのような大型のオプションパーツもあるためチェックしてみて下さい。