COLORFUL than BEFORE

オシャレで快適なインドア・アウトドアを実現するためのWEB雑貨情報局

COLORFUL than BEFORE

【2022年も使える】 2021年買って良かったキャンプギアBEST5

f:id:tktoshi:20211230225859j:plain

2021年も終わりを迎え、今年購入した数々のキャンプギアの中で、私が特に買って良かったと感じたものをランキング形式で5つご紹介します。

どれも本当に良いモノばかりですので、2021年を終えたその先でもずっと愛用していけそうなギアを集めてみました。

リンク先で詳細なレビューも行っているので、良かったら是非参考にしてみて下さい!

 

 

 

第5位 「ベースキャンプスリープシステム / Snugpak」

colorful-daily.com

 

まずはこちら、イギリスのブランド「Snugpak(スナグパック)」のシュラフです。

普通のシュラフと大きく違う点が、アウターレイヤーとインナーレイヤーの2層構造となっており、それぞれ別々の寝袋として使用しても良いし、2枚重ねて使用することでより暖かさを得ることもできるというマルチウェイ仕様となっている点です。

私自身、ソロでキャンプする際にはもちろん、2人で行く際にはこれ1つをシェアすることで2人分のシュラフを用意することもできますし、インナーレイヤーだけ取り出してブランケットとして使用したりしています。

カラーリングもアースカラーが基調となっているため、キャンプサイトの景観を損ねることも無いですし、何よりもとても暖かいです。

真冬以外はこれ1つで事足りるため、これからキャンプを始めるにあたってまず購入すべきエントリーシュラフとしても良いかと思いますし、冬キャンプはやらない方や、いずれは資金を貯めてナンガのシュラフを買いたいけれどとりあえずお手頃なシュラフが欲しいという方にはとてもオススメの寝袋になっています。

 

 

第4位 「マサラベース速攻カレーの素 / ULTRA LUNCH」

colorful-daily.com

 

ギアではなくて食品ですが、度肝を抜かれるくらい美味しいカレーに出会ってしまったので、ご紹介させて頂きます。

カレールーではなくスパイスペーストのようなもので、トマトやひよこ豆などの食材と一緒に煮込むことで、たったの6分で美味しいカレーができてしまうという製品です。

同封されている鷹の爪を一緒に煮込むタイミングの長短で辛さの調節もできますし、お店で食べるオリジナルカレーを食べているようで本当に美味しいです。

キャンプや登山ではカップラーメンを持っていく方が多いですが、あちらは汁の片付けがやや面倒で、全て飲み干してしまうと後で喉が渇いてしょうがないという経験をした方も多いハズです。

その点「速攻カレーの素」は全部食べ切る前提のカレーライスですし、これもクッカーとバーナーがあれば簡単調理できるので、同じパッキングで行くならラーメンよりもこの「速攻カレーの素」を持っていくことを強くオススメします。

 

 

第3位 「ソフトクーラー12パック / AOクーラーズ」

colorful-daily.com

 

もともと私はイエティ激似のハイランダーのハードクーラーを使用していたのですが、ソロキャンプをすることが多くなり、ハードクーラーはオーバースペックになってきたと感じていました。

しかもハードはとても重くて大きいのです。

そこで購入したのがこちらの「AOクーラーズのソフトクーラー」です。

ソフトクーラー界最強の保冷力は伊達でなく、1泊2日程度のキャンプであれば、地面に直置きしなかったり、日陰で管理するようにしたりと徹底すれば、真夏でも2日目まで保冷力が保たれるスグレモノです。

ソロキャンプ前提なので12パック(11L)を使用していますが、350ml缶や肉などのパックを氷と一緒に詰め込んでも容量としては1人分は十分事足りるサイズ感になっています。

そして何よりもモッシーオーク柄の見た目が最高にカッコいいので、抱きしめて眠りたいくらい愛用しています。

 

 

第2位 「ファイヤーサイドテーブル / Hang Out」

colorful-daily.com

 

キャンプの焚き火の側で使える小~中くらいのサイズのテーブルを探している方にはまずオススメしたいテーブルです。

シンプルな造りなので設営・撤収が簡単で収納時に場所もとらず、脚フレーム部分は薪スタンドとしても使用することができます。

キャンプではテーブルがいくつあっても困ることはありません。

ですのでメインテーブルの他にこのテーブルを荷物に忍ばせておき、いざという時にサッと取り出して使うなんて使い方もよくします。

オプションパーツも豊富で、ステンレス天板やログキャリーと組み合わせることでさらに使い勝手の良い焚き火周りの環境を構築することができます。

見た目に関しては、家具屋さんが展開するアウトドアブランドなので、このスタイリッシュさにもこだわりを感じられます。

 

 

第1位 「フュージョントレック / SOTO」

colorful-daily.com

 

今年最もヘビーユーズして、特に買って良かったと思うギアは、SOTOの「フュージョントレック」です。

公式サイトによるとしばらく廃版になっていましたが、この度12月にリニューアルして再販されました。

その情報を知っていれば廃盤の方を買わずに待っていたのですが、それでも後悔しないくらい素晴らしいギアでした。

分離型ガスバーナーの1つの完成形ではないかと感じるほど使い勝手が良く、バーナーヘッドにある300個の炎口と側壁が実現するヨコ風耐性、マイクロレギュレーター搭載によるドロップダウン現象への火力維持能の高さ、収納時のコンパクトさ、無駄のないモデル体型並の見た目、など挙げればキリがないくらい良い点があり、とても満足のいくバーナーになっていました。

大抵のクッカーにはスタッキングできるくらいコンパクトなので、キャンプには必ず忍ばせて持っていき、サッと取り出して高火力で即座にお湯を沸かしたり調理ができたりする、ストレスを感じさせない最高の出来です。

これで今年も沢山の美味しい料理を作ることができました。

 

 

まとめ

しつこいくらい長続きするコロナ禍の中で、遊びに行けないから買い物くらいしかストレス発散が無い、とついつい爆買いしてしまう、そんな人が増えたのではないでしょうか。

「買う」という行為は言うなればモノとの「出会い」です。

そして私にとっては「商品そのものとの出会い」の他にも、数々の「おもしろブランドとの出会い」、そしてブランドや製品開発に携わる人々の懸ける「想いとの出会い」を1つの商品を購入することで得ることができるなと感じています。

買うという何気ない行為でも、紐解くと素晴らしい出会いが待っていて、そんな「出会い」についても、このブログを通して記事を読んで下さった方々へ共有していけたらと思います。

あなたの人生を豊かにしてくれるような「モノ」や「コト」に出会うことで、「カラフルに送る毎日」の彩りを1つでもプラスしていける、そんな出会いの場として情報を発信していけたら幸いです。

2022年もレッツ爆買い。