サンタマリアノヴェッラ 「ポプリ」 レビュー 【お家をもっとイイ匂いに! そこらの芳香剤じゃ満足できない貴方へ!】

サンタマリアノヴェッラ 「ポプリ」 レビュー 【お家をもっとイイ匂いに! そこらの芳香剤じゃ満足できない貴方へ!】

香りは記憶に残るから、こだわりの香りを手に入れてみませんか?

友達がじぶんちに遊びに来る時、またはママ友達と我が家でお茶会をする時、さらには彼氏・彼女を自宅に呼んで、今まさにORANGE RANGEのラブパレード状態の時、

そんな時に我が家に良い「香り」がするように、何かオススメの芳香剤はないかな~とお探し中のあなた。

量販店のやつだとトイレみたいな匂いがするしな~と思ったことはありませんか?

そんなあなたに贈る、上品で万人受けする「サンタマリアノヴェッラ」の「ポプリ」をご紹介します。

 

サンタマリアノヴェッラとは?

「サンタ・マリア・ノヴェッラ」は、イタリアのフィレンツェ市街の一角にある「香り」のアイテムを取り扱うブランドです。

その起源は古く、元々は世界最古の「薬局」として開店しました。

その昔、フィレンツェへ移住してきた修道僧たちが、自ら栽培した草木を調合して薬剤を作ったことが始まりだと云われています。

修道僧たちの活躍により修道院はやがて教会となり、教会がついには薬局となりました。

その歴史的な由来もあってフィレンツェにあるサンタマリアノヴェッラ本店は教会の内部を店舗としています。

最も有名なオーデコロンはその数なんと数10種類にも及び、誰もが一度はその名を耳にし、目にしたことがあるのではないでしょうか。

すべてのオーデコロン | 【公式】サンタ・マリア・ノヴェッラ オンラインストア

現在はネットでも一部の製品は購入することができますし、実際に匂いなどを確かめたい場合は、日本にも関東圏を中心として提携実店舗がいくつかあります。

 

「ポプリ」ってなに?

今回、私はサンタマリアノヴェッラの数あるアイテムの中から、ド定番の1つ「ポプリ」を購入しました。

ポプリをWikipediaで調べてみるとこんな風に記載があります。

花や葉・香草(ハーブ)、香辛料(スパイス)、木の実、果物の皮や苔を、精油またはポプリオイルなどの香料とともに混ぜ合わせて容器に入れ、熟成させて作る室内香のひとつ。

語源はフランス語で「ごった煮」を意味したpot pourriに由来する。

つまり木の実や果物、葉っぱなどを独自の調合をした香料の中に突っ込んで、香り付けしたものです。

認知度もある程度あるため、ご存知の方も多いと思いますが、あまり香水や香りの製品に詳しくない方は初めて知ったという人も多いのではないでしょうか。

知ってるけど、ポプリって実際どうなの?という方もいるでしょう。

簡単にレビューさせて頂きます。

 

サンタマリアノヴェッラ 「ポプリ」 レビュー 【お家をもっとイイ匂いに! そこらの芳香剤じゃ満足できない貴方へ!】


 

種類

調べるとボックスタイプのものや、サイズも何種類かヒットすると思います。

違いは「パッケージングの方法」と「内容量」だけで、中身はどれも同じものなのでご安心を。

自宅用だったり、プレゼント用だったりでお好みのものを選べるようになっていますが、そのラインナップはざっと7種類

  • プレゼントにも良いメジャーなボックスタイプは①Lサイズ150g②Sサイズ70gの2種類。
  • 詰め替え用かつ中身だけ使う人用の③袋パウチタイプ100g
  • カバンなどに入れてほのかに香る④シルクサシェ40g。ポプリを入れた内袋に針で穴を開け、ほのかに漂う香りを楽しむタイプです。こちらはサシェ(巾着袋のようなもの)にサンタマリアノヴェッラのロゴが刺繍されており、カラーリングも「ボルドー」「グリーン」「ブルー」の3種類から選べます。
  • ライトグリーンが可愛らしいシンプルな⑤シルクパース(ポーチ)90g
  • 陶器壺の中で熟成されて香りの変化も楽しめる⑥アルバレッロ200g
  • アルバレッロよりも手に入れやすく、見た目も可愛い⑦テラコッタポプリポット70g
  • この他にもプレート状の「タボレッタ」というのも並行輸入品でたまに見かけます。

 

見た目

いくつか種類がある中で、どうせ容器に出すからということで「袋パウチタイプ100g」のものを購入しました。

袋を開けて、中身を出すとこんな感じ。

雨後の森の地面のような見た目です。

大小さまざまな形をした葉っぱや木の実などが沢山出てきます。

この草木は、フィレンツェの丘で採取された純イタリア産の植物たちです。

葉っぱや木の枝が捻じれて最初は虫みたいに見えるのでギョッとするかもしれませんが、すんごく念入りに調べてみても、虫などは全く入っていないので安心して下さい。

袋から出した直後は香料・オイルをたっぷり含んでおり少ししっとりと湿っています。

これが空気に触れて染み込んでいるオイル揮発することで、とても良い香りが漂います。

少しずつ乾燥していき、それに伴って徐々に香りが薄くなってきます。

シルバーのプレートやトレーなど、雰囲気のある容器に出すことで見た目もオシャレに楽しむことができます。

アジアンテイストのインテリアなどにもマッチしそうな見た目です。

片づけずにしばらくそのまま観葉植物のようにインテリアとしても楽しむこともできます。

 

どんな香り?

香りは最初はかなり強めです。

私は最初、半分くらい器に出してリビングに置いておいたのですが、階を跨いで家全体に香りが広がるほどであり、食事などにも影響が出るほど香りがきつくなってしまったため、作戦変更。小分けにしました。

そうすると、節約にもなるし、人が通って風が流れるとフワッと適度に香るようになったので、一度に沢山出しておくというよりは、少量ずつ出して、もしも香りが足りない場合には足していくという使い方が良いかと思われます。

また、1/3くらいの量の使用で、少なくとも1ヶ月以上は香りが続きます。

余っている分の保存の際は、オイルが揮発しなければ良いので、内容物が空気に触れないように袋の口をしっかり結んでおき、ジップロックなどに入れて冷暗所で保管しておけば問題ありません。(↓一年前の袋ですが新品同様に香ります)

 

香りのテイストは、「甘い」香りというよりも、最初は想像以上に「スパイシー」に感じると思います。薬局でジンジャーエールを作ったらこうなった、ような感じの。

それがだんだん空気に触れて馴染んでくると、ややスパイシーなのにとても上品で色気がある香りになってきます。

比較的スッキリした香りのため、私のように芳香剤で気持ち悪くなってしまう人にもオススメです。

私はこの香りを嗅ぐと軽井沢の森の中をイメージしますが、女性だけでなく男性も好きな香りかと思われます。

実際、家に来た友達は男女問わず「この香りメッチャイイ!」と口を揃えて言ってくれます。

また、香りの性質上、冬よりも夏などの温かい季節の方が合うかと思います。

 

コスパ

100gで税込み5000円程度と、比較的高めなので手が出しづらい方もいるかと思いますが、市販の芳香剤よりも圧倒的にオススメです。

なぜなら、少しずつ香りの強さは弱くなってしまいますが、日陰などで揮発のスピードを押さえれば、小分けでも約ひと月近くは香りが長続きし、まとめて一度に使用すれば数か月は持続します。

小分けならこまめに取り替えることで何度も楽しめます。

また、生活感が出にくい見た目をしているため、アッシュトレイや100均で売っているようなシルバーのトレーの上に出して置くだけで、結構オシャレに見えます。

友達の家などでTVの横によく見つける、瓶のような形状のボトルにリードスティックが突き刺さったリードディフューザーを置かないで済みます。

言ってしまえば観葉植物のようなものなので、インテリア的な感覚で手にしても良いかもしれません。

まとめると、総じて大変満足のいく買い物となると思います。

私も気づいたら何度もリピート買いしています。

興味を持った方がいれば、絶対に後悔はしないと思いますので、是非購入してみてはいかがでしょうか!

 

香水の奥深さを味わうならこちらも是非

サンタマリアのヴェッラのオーデコロンもオススメです!

サンタマリアノヴェッラ オーデコロン 「スズラン(ミュゲ)」のレビュー 【爽やかな湖のほとりで花束に顔を突っ込んでいる気分になれる!】 – COLORFUL than BEFORE

家の中を良い香りにして気分をリフレッシュできるお香もあります。

お香のお店「lisn(リスン)」 【お香初心者に絶対オススメ!】 – COLORFUL than BEFORE

最近は香水のサブスクリプションもあります。

香水以外にも、合計500種類ものルームフレグランスやバスグッズなどの香りのアイテムが揃っています。

気になる方はコチラからどうぞ。

ギフト・インテリア雑貨カテゴリの最新記事